チケットキャンプでチケットを転売した際の利益は確定申告が必要か?

公開日:  最終更新日:2016/10/13

チケットキャンプでチケットを転売した際の利益は確定申告が必要か?当方サラリーマンをしていますチケットキャンプで、チケットを転売した際の利益なのですが、これは確定申告が必要になるのでしょうか?

利益というのは、売上げ金額から買った金額と手数料などを引いた額です。

また確定申告したばあい、なにかデメリットなどはありますか?

それはお困りですね。お答えします。サラリーマンさんが、べつで確定申告が必要となるケースは

給与所得以外で年間20万円いじょうの収入があったばあい

サラリーマンが別途確定申告が必要になるのは、所得金額(必要経費を引いた金額)が20万円以上の場合で、所得金額(必要経費を引いた金額)が20万円以下であるならば確定申告をする必要はありません。

>また確定申告したばあい、なにかデメリットなどはありますか?

副業がばれるリスクがありますね。

これは、確定申告をしてもしなくても、ばれるリスクはあります。

チケット転売も、自分の好きなアーティストのチケットがあって、いきたくても、いけないのであれば、出品するのも良いでしょうが、好きでもないのに、利益目的で、ファンクラブに入ってという、商売としてやっていれば、目をつけられるリスクは高くなります。

理由は取引金額が高くなるからです。

問題は、通常のチケットの取引として、考えれるか?転売目的っぽくないか?って事。

たとえば、7000円で買ったチケットを8000円とかだったら、まー普通かもですが、14000円とかになると、ちょっと転売目的かな?

それが1年で1回だけじゃなく、2回とか3回とかになると、これ黒だな。みたいな感じだと思うんです。

最近の大企業の人事部は、副業に相当目を光らせているみたいで、せどりや、チケット転売やオークションをやっていた方を、職務規定違反で、リストラに追い込むという所もあるようです。

正社員をやめさせて、非正規雇用を雇ったほうが、安くつきますからね。

中小企業では、給料も安いため、あるていどは、お目こぼしもあるかもしれませんが、高給取りの大企業や公務員などでは厳しいでしょうね。

ねたまれてますからね。

同僚からの人事部への告げ口、あと知り合いや近所の人からの告げ口、あと住民税からばれるというケースです。

個人的には、すこしくらいなら、多少のお目こぼしはあっても、良いとは思うのですが、頻度ですよね。

金額や頻度が高ければ、言い逃れできませんし、良い逃れできても、のちのちの人事考課にかなり影響がでたりすると思います。

もしですよ。正社員から非正規雇用になったとき、それが低額のチケット取引が原因だったってなったら、笑い話になりませんよね。

そういう事を考えると、サラリーマンの副業というのは、とくにあなたが大企業にお勤めのかたであれば、オススメできませんね。

そんなリスクのあることは、一切しないほうが良いです。

とくにマイナンバー制度が導入されてますので、よりいっそう厳しくなってきています。


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. 山下 より:

    とても気になっていたことで、わかりやすく説明してくださりありがとうございました。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑