宇多田ヒカルのライブチケット 38 男 封入特典と念

公開日: 

じゅんきちと言います。
私は年間に5~6本のライブにここ数年は参加をしています。誘ったり誘われたり、初めましてだったり、リピートだったりとタイプは様々ですが、ここ、数年で一番、手に入れることを強く願い、当たった時に心から震えたのは、昨年の秋にあった宇多田ヒカルのライブです。
ライブをやるのではないかという噂を聞いてから、インターネットを駆使し、色々な情報収集をしましたが、最初はおそらくやるだろうといったことばかり、そうしているうちに、周年でもあり、そして新しいアルバムが発売されるといった、形になってからは、一気に高まりました。
そして、アルバムの発売、ツアーの決定。小躍りしたことを今でも覚えています。
最初に聞いた時から、すごく好きでしたが、ほとんどライブ活動などはしていなかった宇多田ヒカル。休業を経て、10年以上ぶりのツアー。これは全精力を傾けて取りに行くしかないと思いました。もちろん、最初はアルバムを購入。そして、封入特典での応募。まずは、これです。そして日程の確認。私自身は関西在住ですが、日程をみたところ名古屋が良いのではないかと、考えました、元々、関西で外れてもなぜか名古屋で取れてしまうということが過去にあったので、ジンクスも考えて名古屋にしました。その後はプレオーダーの情報や、一般発売の情報収集をしつつ、当選発表の日を待ちました、と言っても、ずっと考えているのではなく、正直、少し忘れかけていましたが、何気にメールをチェックすると、結果発表の案内が届いているのではないですか。いつもはしない深呼吸をしつつ、いざメールを開封。すると、なんとおめでとうございますの文字が!2回見ました、いや3回見たかもしれません。普段は、上げない声を上げてしまいました。念ずればというわけではないかもしれませんが、本当に行きたくてしかたなかったので、近下院ばかりは思いが届いたと勝手に思っています。
昨今は、転売規制やデジタルチケットも増えたので、割と不公平感は少なくなってきましたが、私個人としてはチケットの封入特典が一番、当たりやすいのではないかと思っています。そして、念じること。これで今後もチケットを狙っていきたいです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑