ゆずの初ライブの感想

公開日: 

今年の4月か5月にゆずのチケットが当選したと、メールで通知が来ました。
私自身ライブに行くことが初めてだったので、同い年の従姉妹や知り合いから、ライブに行くための準備の手順や、チケット発行の仕方を教わりました。
インターネットでグッズを購入し、購入履歴の確認の仕方などを従姉妹から教えて貰い、私は機械音痴ですが、次回からは少しずつ自分でやってみようと思いました。
まさか、当選すると思っていなかったので、凄く嬉しかったです。
今回のゆずのライブは京セラドームで開催されたので、自宅からは、割と近く、従姉妹が「一緒に行こう」と言ってくれていたため、往路は交通機関を利用して会場まで行きました。
私は、車椅子で交通機関や現地に到着してからは、賑わっており、とても通りにくかったですが、ゲートに入ってからは、身体障害者専用のペースが設けられており、結構身体障害者の方が来場されていました。障害の度合いは様々ですが、ライブ中は、友達感覚になり、アットホームな気持ちになりました。ゆずのライブサービスでは、今年の新曲をモチーフにした樹木のツリー、「Seimei」という曲や、私のお気に入りのゆずのCDのベストアルバムに入っている、
「夏色」「雨のち晴レルヤ」「よろこびのうた」「栄光の架橋」「マスカット」などの弾き語りが奏でられ、同じ曲でも、オリジナルバージョンに変更されて、いつもCDで聴いているのとは異なり、生演奏もCDもどちらも、選び難いという思いでした。またスクリーンにゆずの歴史も紹介され、ますますゆずのファンになりました。上記で紹介した曲「雨のち晴レルヤ」は連続テレビ小説、「ごちそうさん」栄光の架け橋は、「東京オリンピック」、「マスカット」は、毎週金曜日の晩の8時に放送されている、アニメ「クレヨンしんちゃん」「よろこびのうた」は実話の筋ジストロフィー?の挿入歌になっており、名曲です。
初めて、緊張した部分もありましたが、楽しかったので、また次回もぜひいきたいと思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑